工芸ーいとおしいカタチー きたのまりこ

四国・石鎚山も冠雪が見受けられ、

季節も一気に冬へ動き始めています。

 

3ta2 galleryでは二つの企画展を開催中。

この企画をもって年内の企画展は終了となります。

 

◾︎『工芸―いとおしいカタチー』

身に着ける、飾る、愛でて楽しむ、、

工芸の多様性や可能性を4人の作家が表現。

「KOGEI Art Fair Kanazawa 2019」

出品作品を3ta2 でも見ていただきます。

 

◇出展作家

きたのまりこ(鋳造)

大場咲子(銅版画、張子)

藤田えみ(ガラス)

常信明子(七宝)

 

◇11/22(金)-12/7(土)

 11:00-17:00(最終日15:00)

 休廊日 11/27(水)・12/4(水)

◇3ta2 gallery

愛媛県松山市高井町560-4

089-970-1043

http://3ta2-gallery.com

 

◆出展作家紹介 『きたのまりこ』

1975 愛媛県生まれ

2001 東京藝術大学大学院修士課程鋳金専攻修了

 

子供の頃よりずっと好きで観察していた

道脇や田畑に咲いている小さな草花、

そして庭に来る鳥などを主なモチーフとして制作。

いつもの暮らしの中にある草木を、

季節の移り変わりとともに日々感じながら、

気持ちの向くまま制作を続けています。

 

 

『3人展〜干支とカレンダー〜』同時開催中

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL