「布と遊び、土と遊ぶ」







 
 マリメッコのテキスタイルから
 アラビアでの陶芸作品・・・
 フィンランドで活躍されている石本藤雄氏の作品展に行ってきました。

 愛媛県砥部町出身の石本氏、愛媛での初個展。

 心躍る、色・形。

 遠く離れたフィンランドにおいても、
 日本人の感性・美意識が表現されている作品たち。
 ぜひ多くの方に見てもらいたいです。

 愛媛県美術館にて。 10月11日(金)まで開催。

無事に終わりました。ながつきの集い

23日の祝日・月曜日
無事に「ながつきの集い」最終日を迎えました。

期間中たくさんの方にお越しいただき、
ありがとうございました。
また、出展くださった作り手の方々
  鋳物    きたのまりこさん
  うつわ   凸凸製作所さん
  布     sun and snowさん
  革とガラス 野口和美さん
ありがとうございました。
会期10日間、
長かったような、あっという間だったような・・・。
不思議な夢心地。
私自身、楽しみにしていた企画展がひとつ形になりました。
また次へと繋がるよう、努めていきたいと思います。
そして、
作品展が目白押しの秋が深まっていきます。


Tシャツに筆文字

9月の筆文字教室は「Tシャツに筆文字」
前回は半袖Tシャツに書きましたが、
今回は長袖にチャレンジ。
 テーマは 「月」
白晃先生にアドバイスをいただきながら、
カッコいいTシャツに仕上がりました。
シンプルな文字ほど「余白」や「バランス」が左右するよう。
抜く、省く、削ぐ・・・そういった感覚を大切にしたいものです。

23日の最終日に向けて。

今月2回目の三連休がスタートしました。

「ながつきの集い」も、名残惜しいですが、あと二日。

23日(月・祝)の最終日には作り手の方皆さん揃われます。

ぜひお立ち寄りくださいませ。



作家さんと作品と・・・。


秋晴れの日が続いています。

昨夜は中秋の名月。見惚れるほどの満月でした。

13日からスタートした
「ながつきの集い」
残すところあと3日となりました。(23日祝・月まで)

作家さん在廊の時には、作品づくりのことや、作品への思いも伺えて
ますます作品に深みが増します。

4人の作り手の方のうち、千葉県成田市から出展してくださっている
野口和美さん(革・ガラス)からはメッセージが届いています。

   今回は自分でも好きで作り続けている型を出品させていただきました。
   作品タイトルには「・・・?」なタイトルもあるかと思いますが、
   心にひっかかる光景や感じた空気感を大事にして、
   それが楽しく使って頂く事に繋がれば…と思っています。
   どんな方が何を気にしてくださるか、
   自分の手から離れた時の風景を想像して、
   私もこっそり楽しませて頂きます。

遠方のためお会いできませんが、
このようなメッセージを頂くと嬉しいですね!

野口さんのバッグはお好きな色で制作が可能です。
ぜひお問い合わせくださいませ。