三線新年会



「3ta2三線チーム」夏・冬年2回恒例の飲み会、

冬は「新年会」。

先日開催いたしました。今回は15名参加。

新年早々新しいメンバーが増え、

結婚されたメンバーがいて、

昨年結婚されたメンバーからは妊娠の報告があり・・・と、

新しい年をおめでたづくしでスタートした「3ta2三線チーム」

所用で月2回の教室に皆が揃う事はありませんが、

こうして何かの時には結集してくれる・・・

ありがたく大切なメンバーたちと

今年も楽しくスタートしたいと思います。

また、引き続き見学はいつでもOKです。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

◆嶋本慶先生 三線教室 第2・第4水曜日
            pm8:00〜

福山へ・・・2月の展示会まえかけ展

先の3連休、最終日に広島県福山市へ出かけてきました。

目的は、2月に3ta2で企画展をしてくださる、

オリジナルまえかけを制作されている坂田真由美さんにお会いするため。

坂田さんは大阪府在住の作家さんなのですが、

福山で個展を開催中。そちらの会場へ伺ってきました。

会場の「Daikoku Gallery くわみつ」さんも素敵な空間で、

坂田さんの「まえかけ」がよく映えていました。

坂田さんの「まえかけ」は、何通りか着こなせるタイプのもの、

リネンとラオスで手染め・手織りされた布とを合わせたもの、etc・・・

いろいろと試してみたくなる作品ばかりでした。





今回は、坂田さんのご友人で陶芸家の「青馬窯・銭本眞理」さんも

近距離の会場で個展を同時開催されているとのこと、

こちらの会場へも伺って作品を拝見してきました。



お二人の作り手の方とお会いし、お話をお聞きし感じたことは

「作りたいもの」が明確で潔く、提案してくださる言葉も清々しいということ。

そこに至るにはいろんな試行錯誤を繰り返されている、その見えない部分も

ストーリーとして想像できること。

そんな作り手の方の作品を紹介していけることは、

ギャラリーをしていて醍醐味を感じられる瞬間でもあります。

今回の「まえかけ」展も自信を持って、

しかも私自身が楽しめる企画展にしたいと思っています。

「坂田真由美のまえかけ展」

2/21(金)〜3/2(日)を予定しています。

皆さま、お楽しみに・・・。

最後に福山市はレトロな建物が保存されていて

ゆっくり歩きたいところでした。

はがきの中は春。



先日のはがき絵は季節の花、果物のキューイなどを描きました。

出来上がった絵を見ていると、

春はもうそこに・・・と感じられましたが、

本格的な寒さはまだまだこれから。

厳しい冷え込みが続いていますね。



教室後のお茶タイムには羊羹の差し入れを頂きました。

「とらや」では、宮中歌会始のお題にちなんだ羊羹が

年末年始に限定販売されるそうです。

2014年の歌会始のお題は「静」。

「希望の光」はこのお題にちなみ、

太陽が静かに昇っていく様子を表しているとのこと。

新年にふさわしい、おめでたい味を頂きました。

次回のはがき絵は2/7(金)1:30〜

テーマは「おひなさま」。その頃には寒さも緩んでいるでしょうか・・・。

次回の企画展は・・・。

 今日から通常の生活に戻られて方も多いのでは・・・。

 切り替えが大変です。

 さてさて、次回の企画展の詳細を少し・・・。

 「久万高原ちっくなアート2」

 1/23(木)−1/29(水)  11:00-17:00

この企画は久万高原町にある「古民家カフェ 和蔵一畳庵」の和田さんが

 プロデュースしてくださり実現した企画展です。

 出展してくださるのは、久万高原町出身の伊東正次氏と

 旧美川村で作陶されているちどり陶房さん。

 伊東さんは、第45回日展の特選受賞された本格派の日本画作家。

 今回は小さな作品を出展してくださいます。

 いい一年のスタートになるような、そんな企画展になればと思っております。

 たくさんの方にお越しいただけますように・・・。

 HPリンク貼りました。

 ◆伊東正次氏→
 ◆ちどり陶房さん→☆
 

 

 



初春。

 明けましておめでとうございます。


 
 正月明け早々には氏神様をお参りし、

 穏やかな2日には今治の綱敷天満神社を参りました。



 毎年恒例(?)の鳥居への石上げも何度目かで成功した様子。

 今年もきっと良い年となることでしょう。

 3ta2では、1/8から各教室がスタート、

 1/23(木)〜29(水)には

 「久万高原ちっくなアート2」を予定してます。



 久万高原出身の伊東正次氏とちどり陶房さんの作品展です。

 詳細は追ってご紹介していきますね。

 皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。